新しくサイトを作る際はドメイン・すなわち住所が必要となります。
その際使われるのが新規ドメインや中古ドメインです。
新しく発行されたのが新規ドメインで、過去にも使用されていたのが中古ドメインとなります。

この2つ、購入価格だけでなくリスクなども含めてさまざまな違いがあります。
どちらを選んでもメリットデメリットがあることは知っておかねばなりません。

新しく作られるドメインの方が購入価格が高いわけではありません。
中古ドメインだとこれまでの運営履歴があり、それを引き継ぐことが出来るからです。
すでに過去がある中古ドメインだとインデックス速度も早くなります。
新規だとサイトが正しく評価されるまでには早くても3ヶ月から半年はかかります。
1年待たなければならないこともあり、それまではインデックス速度は期待できないわけです。

とはいえ被リンクこそが中古のメリットでありデメリット、家で考えてみてもその違いは分かります。
まっさらな新築を自分なりに住み安く一から作り上げていくのは楽しい作業ですが時間もかかります。
それよりは中古物件である程度リノベーションされておしゃれになっているお宅であれば初めから他とは違うオリジナリティ溢れる素敵な家に住めるのです。
とはいえ、前に住んでいた方がなぜ手放したかと言うと住みにくい何かが原因かもしれません。
粗悪な使い方をしていてご近所との関係も最悪になっていたり危険な改造が加えられていたり、さまざまなリスクを負うことになるかもしれない覚悟は必要です。

ペナルティー中古ドメインだってリスクはあります。
もしも悪質サイトだと評価されていたら手動ペナルティーを受けるかもしれません。
元々好ましくないジャンルのサイト履歴があった場合には、新しく購入したあなたには全く問題ないにも関わらずペナルティーを受ける場合も、ペナルティーがあるとSEO効果があるどころか圏外に飛ばされてしまう場合もあるでしょう。

新規ドメインだって捨てたものではありません。
新規でブログなど開設すると一定期間はGoogleハネムーンと言ってインデックス登録されたサイトの検索順位が優遇されます。
逆にエイジングフィルターで一定期間はブログ記事がほぼすべて圏外となってしまうことも、その期間を過ぎれば再び順位が戻ってきます。
Googleハネムーンとエイジングフィルターの存在を知って上手く活用できていればあなたのブログを上位に上げることは可能です。

中古ドメイン
⇧⇧⇧【中古ドメインを購入したい方必見】⇧⇧⇧
  • NoImage
    2019.01.01

    新規ドメインならではのメリットとして、ドメイン名が自由に選べるというのもあります。 中古だとトップレベルドメイ...

  • NoImage
    2019.01.16

    中古ドメインが持てはやされるのは、畝居歴の長さです。 古くから利用されていればいるほどドメインパワーが上がる傾...

  • NoImage
    2019.02.04

    「.COM」などの名前はお馴染みでしょうが、それ以外にもドメインは100種類以上もあるのです。 SEOに影響し...