2019.03.06更新

SEO効果を狙ってのドメイン購入

SEO効果が得られることを目的に中古ドメインの購入を検討しているという方もいるでしょうが、その目的の一つとして被リンクの数というのがあります。
被リンク数が多ければ多いほどSEO効果は高まるもの、運用履歴が長い中古ドメインなら可能性は高いです。
とはいえ、運用履歴が長くともジャンル的に合わないもの・悪質リンクが貼られているようなものであれば意味がありません。

選定方法の一つとして価格重視があります。
価格が安いものの中にもきらりと輝く宝が眠っている可能性も無きにしもあらずですが、可能性は低いです。
それよりは信頼できるところから価格重視である程度値段が高くとも将来性を見据えて選ぶべきです。
ただし、価格が高いイコール品質重視されているとはっきりとは言えない部分もあります。
高い中古ドメインでも品質重視されていないこともあるので中古自体が賭けとなるわけです。

少しでも被リンクを増やすためにもサテライトサイトを立ち上げてみませんか。
サテライトサイトとはメインサイトとは別のドメインで立ち上げたものです。
関連するジャンルで作っても良いのですが、メインサイトとの関連は明確に示していなかったり隠しておくべきです。
何しろ、自画自賛で褒め称えているようなことが分かればその評価が正当なものとは誰も思ってくれないからです。
グルメ番組で芸能人が自分の店や親しい友人・親戚などがやっている店を、さも全く関係の無いお店のように紹介しているようなものです。
もしもバレたら本当においしいところであっても、評判ががた落ちして誰も来てくれなくなってくるかもしれません。

その昔、リンクの数だけが指標だった時代にはこの方法が効果をなしていました。
ですが、最近では数とともに質も評価指標となっています。
そのため形だけのサテライトサイトを大量に作ってそこからリンクを貼ってもSEO効果がないばかりかペナルティを受ける可能性もあるので注意は必要です。
ですが、良質なサイトからのものならSEO効果は未だ大いにありますし、潜在顧客の獲得にも役立つのでやっていて意味がないわけではありません。
直近で購買意欲の無いユーザーとの接点を持つことができ集客率を上げるこの手法、コンテンツマーケティングという用語名も付いており実際に効果を得ています。
メインサイト単体だとカバーしきれない部分をサテライトサイトを使ってその製品そのものに関する情報を流すのです。

  • NoImage
    2019.01.01

    新規ドメインならではのメリットとして、ドメイン名が自由に選べるというのもあります。 中古だとトップレベルドメイ...

  • NoImage
    2019.01.16

    中古ドメインが持てはやされるのは、畝居歴の長さです。 古くから利用されていればいるほどドメインパワーが上がる傾...

  • NoImage
    2019.02.04

    「.COM」などの名前はお馴染みでしょうが、それ以外にもドメインは100種類以上もあるのです。 SEOに影響し...