2019.07.14更新

共起語でSEO対策を

ある特定の語句と関連性のあるキーワードを共起語と言います。
たとえば「学校」というのが特定の語句であれば「教育・先生・生徒」などの語句です。
この共起語も含めたWEBページを提供すれば、よりSEO効果は期待できるでしょう。
検索順位上昇を望むのであればこちらもコンテンツに含めるようにすべきなのです。

競合する上位サイトを見てみれば大体の傾向はつかめることでしょう。
それをそのまま一致させるわけには行きませんが、それに習いながら自分なりにコンテンツを作成するのです。
独自性が高い方が検索エンジンにも評価されやすくなります。
まずは自分なりにある程度コンテンツを作成しておくこと、その上で、検索ユーザーに対して効果の高い語句を織り込むようにしましょう。
WEBページにとにかく入れれば良いというわけではなく、あくまで検索ユーザーの視点に立つことです。
共起語によってテーマがぶれるのであれば意味がないのです。

参考にするのは競合上位サイト、こちらの傾向に変化があればユーザー検索意図が変化しており、共起語も変化しているということです。
常にキーワードの検索順位の推移を追うことが出来るツールを導入しておけばよいのかも知れません。
そうすればそれに関連性のあるWEBページをピンポイントで修正することが出来ます。
ユーザーの検索意図と一致させ続けることで上位をキープしましょう。

ただし、共起語を含めればそれだけでGoogleに評価され上位化するわけではないことは覚えて起きましょう。
それより以前に、ユーザーの利便性を考慮してコンテンツを作成できているか・サイトが運用できているのかどうかが最終的に大きな比重を占めているのです。
ユーザー意図の変化に合わせて修正する時にもう一度ページ全体を見直してみませんか。
新たな気持ちで見てみることで、もう少しここを変えた方が分かりやすいのではという修正箇所が見つかることでしょう。
ドメインパワーが向上すれば検索流入も拡大しやすくなりWeb集客は加速度的に上がっていきます。
問い合わせや申し込みなどコンバージョンの増加だって期待することができ、最終的にはビジネス成長へと繋がっていくのです。
一つ一つを大切にして、コツコツと積み上げていくことがSEO対策になります。
インターネットを利用した華やかな新規ビジネスというイメージも強いでしょうが、お金を稼げるまでにはそれなりの努力が必要です。

  • NoImage
    2019.01.01

    新規ドメインならではのメリットとして、ドメイン名が自由に選べるというのもあります。 中古だとトップレベルドメイ...

  • NoImage
    2019.01.16

    中古ドメインが持てはやされるのは、畝居歴の長さです。 古くから利用されていればいるほどドメインパワーが上がる傾...

  • NoImage
    2019.02.04

    「.COM」などの名前はお馴染みでしょうが、それ以外にもドメインは100種類以上もあるのです。 SEOに影響し...