2019.02.04更新

ドメインの種類と意味

「.COM」などの名前はお馴染みでしょうが、それ以外にもドメインは100種類以上もあるのです。
SEOに影響しないとは言っても、対人間ともなるとブランドを重視する方やドメイン名にも意味を求める方だっているでしょう。
SEOに影響しないからと油断せず、どのような種類があるのか・自身のブログにはどれが最適かなどよく考えて、中古で買ったのでなければある程度選んだ方が身の為です。

ドメインには独自ドメインとサブドメインとがあります。
独自ドメインというのはすべてが自分で決められるドメイン、日本語を含めてあらゆる文字列で自由に指定出来るため世界にたった一つだけのものが作れます。
法人であろうと個人でも取得料金さえ払っていればあなたのものです。
ただし、1年に1回の更新料を払っていなければ所有権を放棄したと見なされるので、お金を払っている限り永遠にという注釈は付きます。
わざわざお金を払ってまでと思われるかもしれませんが、取得料金は100円から3000円程度までと安価です。
それでさまざまな効果が得られるのであればと多くの方が取得しているのです。
ブランド重視する方にも好評です。

それに対してサブドメインの方は1つの独自ドメインを複数に分割して利用します。
こちらはいくつでも無料で作ることが出来るのが便利です。

ブログをやる方が多くなりましたが、そのためにお金をかけてドメインを取得し更新しなければならないわけではありません。
レンタルサーバー会社・無料ブログサービスというのが行われており、その会社があらかじめ取得管理している独自のドメインを共有ドメインと言います。
共有ドメインもサブドメインに含まれることから無料で利用することが出来ます。

アフィリエイトをする方・ただ単にブログで自身の日記を覚書のような形で発信する方などドメインの利用目的はそれぞれ異なります。
それに合わせてどれを選べばよいのかは違ってきます。
たとえお金がかかろうとも、独自ドメインを取得し自分だけのオリジナルを持っておいた方が良い場合もあるのです。
そこで1000円そこらのお金をケチった結果、大きなお金に影響するようでは意味がありません。
SEO効果には影響しないとされているドメインの種類ですが、果たして本当に軽々しく扱ってもよいのかどうかに関しては疑問が残るところ、さまざまなところまで気を配っているからこそ上位に上がっている方は多いです。

  • NoImage
    2019.01.01

    新規ドメインならではのメリットとして、ドメイン名が自由に選べるというのもあります。 中古だとトップレベルドメイ...

  • NoImage
    2019.01.16

    中古ドメインが持てはやされるのは、畝居歴の長さです。 古くから利用されていればいるほどドメインパワーが上がる傾...

  • NoImage
    2019.03.06

    SEO効果が得られることを目的に中古ドメインの購入を検討しているという方もいるでしょうが、その目的の一つとして...