2019.05.16更新

サイトの強さを指標ドメインオーソリティで調べる

「オーソリティー」とは「権威性」と訳すことが出来ます。
ドメインオーソリティーを調べれば参考となり、代替案なども思いつきやすいのではないでしょうか。

競合チェックして他の競合サイトに負けないようにドメインオーソリティーを上げて、検索上位に表示させアクセスを集められるようにしましょう。

おすすめはMozという海外の会社の無料ツールです。
Moz社のツールでは検索エンジンの結果ページ・サイト・キーワードごとにそれぞれスコアをチェックすることが出来ます。
PAというのがページオーソリティーの略、検索エンジンの結果ページの強さを表しています。
DAとはドメインオーソリティーの略、そのサイトの強さがあらわされるのです。
Linksは総リンク数が記されます。
それ以外にも、スパムスコアのスパム度が高ければサイトの評価が悪いということを示しています。

PagerankやMozillaなども調べられます。
PagerankやMozillaを含めてすべての数値で上位を目指すことは難しいです。
ですが、どこが弱いか参考にすることが出来れば、代替案も思いつきやすいでしょう。
競合チェックにもおすすめですし、不要となる部分は廃止することも出来るのです。
必要ない部分にばかり力を入れていても時間も体力も無駄に使われるばかり、それよりは思い切って廃止する方がおすすめできます。

コンテンツの質や量・HTML構造や内部リンク構造に論理構造・モバイル対応・読み込み速度など、内部対策だけでもやらなければならないことはさまざまあります。
内部だけでなく外部対策だって重要です。
ドメインパワーを上げる為には正しいSEOを地道に行わねば順位は上がりませんし、無茶のやりすぎもペナルティーを受ける結果となってしまうわけです。
地道にやっていくとはいえある程度の指標は必要、Mozを使っての計測は無料で出来るのですからやっておいて損はありません。

ちなみに、ドメインパワーというのは日本独自の言い方です。
海外ではドメインオーソリティと呼ばれるので知っておくといいでしょう。
英語に聞こえる日本語英語というわけです。
サイトの質に自信があるのに他の競合サイトよりも検索順位が低い理由は、ドメインオーソリティーの指標を見れば一目瞭然です。
自身のページはどうしても主観が入ってしまうもの、客観的な目で見ることが出来ればかなり参考になることでしょう。

  • NoImage
    2019.01.01

    新規ドメインならではのメリットとして、ドメイン名が自由に選べるというのもあります。 中古だとトップレベルドメイ...

  • NoImage
    2019.01.16

    中古ドメインが持てはやされるのは、畝居歴の長さです。 古くから利用されていればいるほどドメインパワーが上がる傾...

  • NoImage
    2019.02.04

    「.COM」などの名前はお馴染みでしょうが、それ以外にもドメインは100種類以上もあるのです。 SEOに影響し...