2019.06.14更新

おすすめのSEOプラグインとは

ブログをWordPressで管理しているという企業はたくさんあります。
たとえコーディングの知識が薄くとも、さまざまなプラグインを駆使することでサイトのおおまかな管理が可能となるというのがWordPressのメリットです。
しかしながら、たくさんあるプラグイン、その中でどれを選べば効率よくSEO対策することができるのか分からないという方も多いでしょう。
競合性のある中で自社のサイトを上に上げるのにおすすめのものをいくつか紹介しましょう。

「All in One SEO Pack」は有名なプラグインです。
無料なので活用しやすいのではないでしょうか。
「All in One SEO Pack」が出来たのは2007年のこと、2人のデベロッパーによって作成されました。
今や多大なユーザーベースを持つプラグインとなり300万人ものユーザーに使われています。
すべての設定を1ページで行なえるのがメリットですから、ぜひ試してみるようにしましょう。
ただし、初期設定で有効化されていないツールの中にSEO対策において大切な機能を果たすものもあるため注意が必要なので、手動で有効化するようにしましょう。

「WP Fastest Cache」なら静的HTMLページが簡単に作成できます。
WP Fastest CacheがあればHTMLやCSSの知識が無くともページスピードの改善ができるため、入れるべきプラグインです。

「Google XML Sitemaps」ならサイトマップ作成が簡単にできます。
とはいえ、この機能自体はその他のプラグインにもほとんど付随している機能、もしもその機能が付いていない場合にのみGoogle XML Sitemapsを入れれば良いのであって重なるのであれば辞めておきましょう。
プラグインはとにかくたくさん入れれば良いとは言えず、組合せにも注意です。

「YoastSEO」も有名、こちらはオランダのデベロッパーによって2010年に作成されました。
All in One SEO Packのライバル的存在としてYoastSEOとどちらを選ぶかは他との組み合わせによって考えましょう。

サイトが公開してからエラーに気付いていては大変です。
ユーザーのレビューなども見て自社のサイトに合ったものを選び出し、競合性を高めるようにしましょう。
出来れば同じ製作者のテーマとプラグインを使うことで、エラーが起こる確率が減り、何かの際にもサポートしてもらいやすくなります。

  • NoImage
    2019.01.01

    新規ドメインならではのメリットとして、ドメイン名が自由に選べるというのもあります。 中古だとトップレベルドメイ...

  • NoImage
    2019.01.16

    中古ドメインが持てはやされるのは、畝居歴の長さです。 古くから利用されていればいるほどドメインパワーが上がる傾...

  • NoImage
    2019.02.04

    「.COM」などの名前はお馴染みでしょうが、それ以外にもドメインは100種類以上もあるのです。 SEOに影響し...